女性 美容代 節約

何かとお金がかかる美容代

このエントリーをはてなブックマークに追加  

お金をかけることも大事だけど、できることならやっぱりできるだけ安く済ませたい!

 

そう思うことはごく自然なことですよね。
当サイトではアンケートサイトを利用して、20〜40代の女性に美容代の節約方法をインタビューした結果をまとめて掲載しています。

 

あなたにも取り入れられそうな節約方法がきっとあるはず。
参考になれば嬉しいです。

 

では、早速以下にまとめていきます!

美容系会社の株を買って美容代節約!

株主優待を目当てに、いくつか株を持っています。
特に美容に関連する株を所有するようにしています。

 

まず、ファンケルの株主優待。
これは、化粧水とサプリのセットを無料でプレゼントしてくれました。
店頭で買うと3000円ほどに当たる商品なので、いい節約になっています。
サプリメントはビタミンとマルチミネラルがセットになっていて、30日分あります。
優待品は自分の好きなものをカタログから選べるようになっているので、化粧水は乳液に近いうるおいケアのものを選びました。

 

また、美容室のモッズヘアを展開している会社の株も買って、3200円ほどの割引券をもらいました。
この割引券が年に2回もらえます。
私の行っているモッズヘアのお店ではシャンプーとカットをやってもらって7000円弱ぐらいなので、一回4000円ぐらいで済むことになりだいぶ節約できます。
この株は100株買っても25000円ぐらいだったので、毎年6000円以上ずつ割引券をもらえれば、5年も株を持っていれば元が取れます。
(株価は常に変動しています)
まあ、近くにモッズヘアがあるとか、モッズヘアのファンでないとあまり意味がないかもしれませんが、私はお店によく行くので重宝しています。

 

というわけで、ファンケルの優待品3000円と、モッズヘアの優待券で年に6000円が節約できています。

節約効果大でお財布に安心!手作り化粧水でお肌もしっとり

美容代の中でも、毎日使う化粧品にかかるお金は、意外と負担になっていますよね。
特に朝、晩に使う化粧水は、使う量も多いためすぐになくなってしまいます。
美容代を節約するために、まず購入する頻度の高い化粧水に注目をしてみましょう。

 

化粧水は、自分の肌に合ったものを使うことが一番効果的ですが、シンプルな成分のものが敏感肌にも安心して使えます。
そこでオススメなのが手作り化粧水です。
必要なものは精製水とグリセリンだけ。
どちらもドラッグストアで簡単に手に入ります。

 

精製水に対して、1割程度の割合でグリセリンを混ぜます。
たったこれだけで出来上がり。

 

1週間ほどは冷蔵庫で保存が出来ますが、作ったら早めに使うことがオススメです。
スプレーボトルを使うと、持ち歩きも出来るので、肌が乾燥したときに便利です。

 

添加物なども入っていないので、肌にはとても安心して使える化粧水ですが、ちょっとシンプルするぎる場合には、アロマオイルを入れて香りをつけることも出来ますし、ビタミンEサプリのカプセルの中身を入れればエイジング用化粧品にする事も出来ます。
美容代の節約になりながら、スキンケア効果もばっちりの手作り化粧水、ぜひ乾燥する時期に試してください。
高額な化粧品が決して効果がある訳ではありませんから。

 

ちなみにコストとしては、精製水が1本100円、グリセリンが1本500円前後。
容量によりますがこのコストで5〜6本分の手作り化粧水ができます。